« 今日の列車 | トップページ | 今日の列車 »

2005年1月23日 (日)

残すは九州新幹線

この宿は4900円で朝食付き。おかずはともかくお味噌汁が具だくさんでなかなかおいしかった。
1日の始まりは貸切状態の列車で西唐津に向かいます。
宮脇俊三さんの「時刻表2万キロ」ではタクシーで向かうハプニングがあった路線だと記憶しているのですが普通に乗れば(?)なんのことはない場所。
とは言っても逆方向の列車に乗ったり、行ってみたらバスがなかったりというのが日常茶飯事な私には他人事ではないのだ。
というか、そもそも準備万端、用意周到な宮脇さんとの比較対象になるはずもないのですけどね。

昨夜の冷たい雨のおかげか、唐津から伊万里までの車窓には山から雲が湧き出て幻想的な風景が広がります。それにだんだん晴れてきて日が差し込んできました。

伊万里到着後は伊万里焼会館へ。焼き物って見てるだけでもうきうきしてきます。ビアマグや境目があって6対4で簡単に焼酎を量れるというマグカップ等など心惹かれるものが多々ありましたが購入はせず。
唐津で乗り換えたあとは虹ノ松原駅から歩いて8分ほどのところにある鏡山温泉に。
こじんまりとしていますが露天風呂や無料の大広間があり1時間半ほどゆっくりしました。

そしていよいよ今日のメインイベントです。
時間を調整し、お風呂に入ってお腹を空かし、ビールも飲まなかったのもすべてはこのため。
浜崎駅から歩いて10分ほどで辿り着いたのは「ステーキハウス蜂」。伊万里牛などを使用したステーキが食べられるお店です。
カウンター席の目の前で焼いてもらったのは180グラムのロースです。
あまり脂っこいのは…とヒレにしようか悩んだのですがいいお肉は脂もおいしい。
とろとろで、意外とペロリと食べられました。

浜崎からは玄界灘のパノラマ。
透き通った海をただぼーっと眺めていました。
そうこうしているうちに姪浜。また忘れるところでしたが、これで九州のJR線は新幹線を残すのみとなったのでした。
nec_0213.jpg

|

« 今日の列車 | トップページ | 今日の列車 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残すは九州新幹線:

« 今日の列車 | トップページ | 今日の列車 »