« 広州日記その1 | トップページ | 広州日記その3 »

2005年1月12日 (水)

広州日記その2

10日(月)は、茘湾広場に母へのお土産の真珠を買いに行きました。
ここは、以前現地に駐在している方の奥様から教えていただいた場所で、真珠をはじめとして水晶等の天然石を扱うお店がたくさん集まっています。
私の場合にはそれほど値切れないのですがものによっては真珠のネックレスが40元程度で買えるということです。
最初に行ったお店では、数人が品定めをしていて、耳をそばだてて聞いていると1本1千元くらい。
うーん、高い。でも、品質はいい。
店員さんも「うちは高級品しかないのよ」という感じで中国語はカタコトだし英語はできないしで私は冷たくあしらわれてしょんぼり。。。
2軒目のお店は、確かにさっきほど質はよくないけど優柔不断な私にいろいろ説明してくれたのですっかり気を取り直し、目安である8掛けまで値切れたのでここで買うことに決めました。
糸を通してネックレスにしてくれる時間はおしゃべりタイム。
その店員さんによると、日本人もよく来ますが、韓国人・アメリカ人も多く訪れるということです。
日本人の場合には広州で働いている人(もしくはその家族)が多いため、私のような旅行客は珍しがられました。
出身を尋ねると実家は温州(浙江省)にあり、春節のお休みには帰るとのこと。
春節のお休みはなんと1ヶ月!
でも普段は土日も含めて休みがないというのはちょっとびっくり。
私が紹興に行ったことがあり、紹興酒がおいしかったと伝えると「温州とすごく近いよ」とか「紹興酒はおいしいよね」という話しで盛り上がりました。
今回は母のリクエストで3連にできるような長さにしたのですが、金具をつけてもらったり、長くしてもらったりと途中で注文をつけたにもかかわらずよく対応してくれました。
記念に一緒に写真を撮ると、帰りにお土産と名刺をくれて、気分よくお店を出たのでした。
ほんと、単純なヤツです。


11日(火)は、遊び疲れたせいかお昼ごろまでごろごろしていました。
お昼過ぎに宿の近くの文信老舗にお粥と牛乳プリンを食べに行きました。
最初にお茶を聞かれたのですが、5~6種類立て続けに言われてその勢いに押されて最後に言った緑茶を頼みました。
あと聞き取れたのは鉄観音、普耳(プーアール)、花(ジャスミン)だけでした。とほほ

PICT2152

このお店では24時間営業なのでいつでもおいしい牛乳プリンが食べられます。
お粥は初めて食べましたが、炒めたセロリがとてもいい香りでおいしかったです。
これと、ピーナッツ・酢漬けの野菜がついて22元。安いなー。
その後はバスに乗ってお出かけしてきました。

PICT2166
辛い味のスプライト。
色は透明で、味はジンジャエールのような感じで飲み終わった後に口の中に辛い風味が残ります。

|

« 広州日記その1 | トップページ | 広州日記その3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広州日記その2:

« 広州日記その1 | トップページ | 広州日記その3 »