« 広州日記その3 | トップページ | 広州日記その5 »

2005年1月13日 (木)

広州日記その4

13日(木)は、桂林に来ています。
桂林は広州から飛行機で1時間のところにあり、山水画のような景色で日本で知られているところです。
ここには1泊して、明日漓江下りをする予定です。
今日は、明日の帰りのためのリサーチと、桂林の町の観光。
コンビニは見当たりませんが、マックやケンタッキーといったファーストフードのお店はたくさん進出しているし、あちこちに繁華街があって、町の中はとてもにぎやか。
広西師範大学の中にある独秀峰から桂林の町を見下ろしたり、七星公園で鍾乳洞をまわったりしましたが、とにかく寒い。

もって来た服を着込んで、マフラー、帽子、手袋までして完全防備。
夕方シャンプーに入った美容院で「今日は寒いねぇ」と言ったら「今日はあったかいよ!昨日なんて雪が降ったんだから」と言われて唖然。
そりゃ寒いはずだわ(^^;;;
お昼ごはんには麻婆豆腐、夕ごはんには酸辣麺といった感じで辛いものを1品ずつ食べて、体の中から温めたのでした。
広州と比べて物価がとても安く、お昼は2品14元、夕ごはんは3品16元で済んでしまいました。
土鍋で作るお粥がとってもおいしかった(4元)。

PICT2245
独秀山に登るにはこんな急な階段を登ります。

PICT2250
上からはこんな景色が。風がびゅうびゅう吹いてとても寒いですが、町を一望できます。

PICT2279
鍾乳洞もある七星公園にあるらくだの形の岩。
この公園はえらく広くて、動物園もあります。
鍾乳洞は中国語で説明を受けながら30分くらい歩いて回ります。
内容は、「これは白菜」とか「蛇の頭、胴体」といった感じ。
11番バスの終点なので、町中から来るのも町中へ戻るのもこれに乗ると便利。
歩いても近いのですが、運賃が1元だったこともあり(安い!)歩き疲れた私は往復ともバスに乗っちゃいました。

|

« 広州日記その3 | トップページ | 広州日記その5 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広州日記その4:

« 広州日記その3 | トップページ | 広州日記その5 »