« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

秋葉原

カード向け会員に毎月送られてくる雑誌をぺらぺらめくっていると「秋葉原」のことが書いてありました。
なんでももともとは「あきばのはら」が短くなった「あきばはら」という地名だったらしい。
母に、「ほんとは『あきばはら』なんだって」というと、「そーいえば、うちのおじいちゃんが『あきばはら』って言ってたなあ・・・」と昔話をしてくれました。

私の母の実家は畑とか田んぼがある、いわゆる農家です。
私が物心ついたときには商品というよりも自分の家で消費するような感じでしたが、私が小さい頃(記憶はない頃)にまだ生きていた母の祖父が商品として東京の市場に野菜とかを出荷しに上京したときにはそのとき私たち一家が住んでいた世田谷の家に泊まって行ったそうです。
そのために東京の地名も結構詳しかったらしいのですが「秋葉原」は「あきばはら」と言っていて、その都度母たちは「『あきはばら』だよ」と注意していたらしい。
今は秋葉原は略して「アキバ」と言ってますが、地名の元となった秋葉の社から考えると「アキバ」のほうが近いんだなあ。
うちの母の祖父が来ていたのは、ちょうど地名が変化している過渡期だったんですね。
記憶にはないけど、母の祖父の存在を近く感じた日曜の昼下がりでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

ブルーノート東京

ブルーノート東京は、ジャズ好きにはとっても有名な場所らしい。
それほどジャズが好きというわけではないけれど、どちらかというとあまり聞かないジャンルだったりするのだけど、やっぱり本物を生で聴くとぜんぜん違う。
会社の組合がブルーノート東京がやっている法人向け会員制サービスの会に入会するという案内が来たときには「ふーん」という感じでメールも飛ばし読みしたのですが、入会後に特別招待企画という案内が来たとたんに飛びついたのでした。
だって、ただで生のジャズが聴けちゃうんだもん。
同伴3名までOKというのでとりあえず4名で応募。
3日間くらいの設定で、各回10名までとなってましたがうちの会社でそれほどジャズ好きっていないのかもしれない。
先着順ということでしたが余裕で4名分ゲットできました。

ブルーノート東京は飲食が高いと聞いていたので事前に軽く食べていったのですが、これがなかなかおいしい。
値段にナットクするくらいの内容のものが出てきたと思います。
4人で軽く食べて飲んで14,000円くらい。
席のチャージが8,400円とのことなので、それまで入れたらちょっと引いちゃいますがなんせチャージなしですからオトク感ありありでした。

EDDIE PALMIERIというピアニストが率いるバンドでしたが、このピアニストがすごい。
なにがすごいって、ずーっと弾きっぱなし。
かといって、ソロというほど目立つパートもなく、とにかくずーっと弾いていた。
「鉄人ピアニスト」とHPとかで紹介されていたのもナットク。
スイングしながら聴くのは気持ちよかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

ディスカバリー打ち上げ

ディスカバリーの機体の向こう側に、青くてきれいな球体が見える。
地球ってほんとにきれい。
CGを見ているのかと思えるほど鮮やかな映像で、思わず口をあけて言葉もなく画面を見つめていました。

・・・というわけで、今回打ち上げられたディスカバリーでは機体と燃料タンクの間にカメラがあり、そこからデジタル映像で燃料タンクの切り離しの瞬間の中継がありました。
はらはらしながら打ち上げを見ていましたが、さっと切り替わった映像の美しさはなんと言ったらいいのだろう。
打ち上げられていく空も青く澄んできれいだったけど、地球は神々しくきれいだった。

ところで切り離した燃料タンクはどうするのかな。
まさかデブリになっちゃうのかなあ。
(あんなでかいのが?)

人ってすごい。
これからどこに向かっていくんだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

全日空の株主総会

すでに1ヶ月近くたっていますが全日空の株主総会に行ってきました。(長文です)
開催は平成17年6月28日(火)、午前10時から東京全日空ホテルの宴会場「プロミネンス」です。
この日は東海道線が遅れて、会場へはぎりぎりに到着。
方向音痴の私は召集通知の地図を見て溜池山王駅から迷わず行けるのかと心配になりましたが、最寄の出口を出た目の前に全日空ホテルがあり、係りの人が案内してくれていたのでほっとしました。

1,200~1,400人くらいは入れそうな会場は結構埋まっていて、会場の左右には大きなモニターが設置されています。
女性や若い方の参加も多いように感じました。
入り口で客室乗務員の制服を着た女性に示されるまま前から3列目に座ります。
1列目はいかにも社員株主といった方がずらっと並んでいて前を通るときにちょっとこわかったです。
定足数等の報告の後に、この株主総会は別室で報道機関にも公開していること、質疑応答などで発言を聞かれて困る場合には音声を消すのでその旨を伝えてほしいという報告がありました。

連結貸借対照表、連結損益計算書等の報告のあとに、安全に関わる報告がありました。
これは最近続いている航空会社のトラブルに起因した内容で、現場で毎週1回報告を受けていることなど具体的な内容が報告されます。
その後、営業報告書、貸借対照表等の報告に続いて今後の見通しについての報告があり、10時40分頃から質疑応答が始まります。

参加株主が多いだけあって、質問もさまざま。
「それってどうなのかなー」という質問や、野次るような声もあり、なんていうかもっと成長した投資家になろうよ、と感じてしまったりもしました。
以下、長くなりますが質問です。意見もあります。
→以下は会社側の回答、カッコ書きは追記と私の感想(笑)。

・コスト削減について
安全のためにはある程度高い人件費は必要なので、増配するより安全になるようなことに振り分けて会社の価値を高めてもらいたい。
→全社員5%の削減で200億円減らしました。これからは成果型で人件費に還元したいと考えています。
・操縦席に乗客を入れた件(※平成16年7月13日にダブリン行きチャーター機で起きました)は会社のイメージダウンでは。
→営業からのサービス依頼により誤った判断をしてしまった。
社長から全社員へ文書で今回の件を通達するとともに、定期訓練の事例へ組み入れて再発防止を行っている。
(※営業からのサービス依頼ってどういう感じなんでしょうかね)
・召集通知に記載された裁判の内容説明と、金額が膨大なので株主総会でリスク等を説明して決議した後に裁判に持ち込むべきではないか。
(※日本航空インターナショナルから特許権侵害差止を理由に156億円あまりの損害賠償請求を起こされており、全日空としては特許権がないことを主張して裁判で争うというものです。)
→企業向けのチケットなしの搭乗と、一括精算のシステムに関する特許について請求を起こされているが、すでに一般的なビジネスモデルであり特許自体が無効と主張。
また、専門部署で対応し、先方とのやり取りを重ねた末に裁判に持ち込むことを決定しているし、毎回総会を開くわけにはいかない。
(※このあとこの発言者はかなりごねて強制的に質問者交代。他の参加者からもフォローがありましたが株主総会は開催日の2週間前に通知しないといけませんし、訴状を受けた場合には基本的に30日以内に答弁書を提出することになるので質問者の言う内容は現実的ではないと思います。)
・質問者は1,000回以上搭乗してますが事故などはなくとても安全なので、早く5円程度の配当を出してください。
→いつもありがとうございます。努力します。
・旅行中にフランクフルト支店で全日空とハローツアーが別会社であると言われた。
→現地での説明が誤っていました。すみません。
・JALと比べて利益率が高いです。
・株主優待の充実について。
株主優待よりも超割のほうが安く乗れる、マイレージ会員への優先予約はあるのに株主にはないので何とかしてほしい。
→ご意見として承ります。
・西武株式の保有について。
→2002年にコクドからの依頼で購入。ホテル等の取引のため持合を行った。2005年4月に損害請求したが支払いはなし。今後調停の場で進めていく。
・機材購入はボーイングばかりなのはなぜか。質問者はエアバスが魅力的に思う。
→メーカーというよりもニーズに見合った機材を選択している。
・事故のリスクについて。
墜落した場合に補償額などはどれくらいになるのか。
→保険に加入しており、もしもの場合にも充分な額であると考えている。
・年間の保険料は?掛け捨てですか?
→具体的な金額は社内秘ですが、9.11のあとかなり値上がりしている。保険料は基本的に掛け捨て。
・損益計算書の営業外損益の「その他」に政治献金が含まれているのか。金額は?
→「その他」の明細を説明。ガイドラインに添った形で計上している。政治献金は販売費に含まれていて、ささやかな金額です。
(※金額についてその後も質問があり、1500万だそうです)
・貸借対照表の流動資産の繰延税金資産とは?
→将来の税金の調整分です。
・ドイツ雑誌で各航空会社の安全度が発表されていて社長は何位だと思いますか。
→3位くらいですか。
・4位です。ちなみにJALは29位。安全度の自覚があることが確認できました。
・特別株主優待券がほしい。
おしゃれ旅の安い商品のようにキーワードを入力して購入できるような、金券屋に売れず、直前の空席を利用したようなものがあるといい。
→ご意見として承ります。
・JALとJASの合併について、今年の総会は危機感などが感じられない内容だが。
→国内シェアがJAL5割、ANA5割になり、路線的にも厳しいと考えている。また今後合併効果が出始めるとさらに厳しい状況になるため、一歩でも二歩でも先に進みたい。
・ビデオ説明を外注して高いお金を払うくらいなら安全対策の説明に重点を置くべき。
→それほどお金はかかっておりませんがご意見として承ります。
・利用券が使いにくかったというクレーム。社長はカスタマーセンターをどのように生かしたいと思っているのか。
→花王のコールセンターがヒントになり、5年前に設立。CS推進会議にて報告を受けている。
・現場や組合との関係は。
→労使関係は会社運営の基盤であり重要と考えている。3月、6月1日、21日にストの通告がありご迷惑をおかけした。

お昼の12時近くなり、そろそろ議決を・・・との議長の発言に裁判関係で質問をした人が「まだ聞きたいことがあるんだ!こんなの無効だ!」と騒ぎます。
それをいさめるような(?)野次もあったりして、騒ぎの中決議は進んだのでした。
なんだかなー。
お隣に座った人と「やれやれ」とおしゃべりしていたのでした。。

その後、会社に行こうと地下鉄に乗ったら隣にJALの出席票を胸ポケットに入れた人がいたので思わず話しかけてしまいました。
「いまやっと終わりました。大変でしたよ。」
とのことでした。
ANAはありませんでしたが、JALの株主総会では荷物検査とかもあったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

地震で東海道線が止まる。

観たいテレビに間に合うように仕事を切り上げて帰途に着いたら品川駅の手前で電車が停車。
停車自体はめずらしいことではありませんが、地震のために関東一円の鉄道が止まっているというアナウンスにびっくり。
どれだけ大きな地震だったんだろう。
ときどきつながらなくなる携帯やメールでなんとか家に連絡すると大丈夫とのこと。
会社を出たのは16時頃。
私が乗ったのは東京駅16時半の小田原駅行き快速アクティー。
なんとか品川駅まで進んでくれた列車が18時半になっても復旧見込みがないと放送があり、単行本も読みおわってしまったので映画でも観にいこうかと列車を降りたときに同じく休日出勤の友人から連絡があって新橋にご飯を食べに行くことにしました。
JRは動いてないので振り替え輸送の切符をもらい、品川から京急で新橋まで移動しますがそれぞれの駅ではパニック中。
その後の地震もないようだし、様子を見ようと考えていた私は比較的冷静に行動してましたが改札口はかなり混乱した状況でした。
普段の3倍くらいの時間をかけて新橋に到着して無事に友人と合流し、お互いの足取りをねぎらいつつの夕食となったのでした。
22時すぎに新橋から東海道線に乗って、本当に帰途につきましたが、車内アナウンスで何度もお詫びを言われると
「地震じゃしょうがないよ」
と思います。
出先なので情報はないのですが被害など大きくないことを祈りつつ。
nec_0406.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年7月22日 (金)

人民元の切り上げ

7月21日に、人民元の切り上げが行われました。
2%の切り上げということでそれほど影響がない、とかもっと切り上げろ、というのが巷での見解ですが、私としては通貨制度が変わったことと、小幅で何度か行う(だろう)というのは現実的で評価できると思っています。
なーんていうのはさておき、今回は会社の人と飲んでいる間にこのニュースがあったのですっかり乗り遅れました。
なにに乗り遅れたのかというと外国為替証拠金取引(※)。
これは、小額の証拠金で外貨の売買を行えるという取引です。
たとえば、USドル1万ドルであれば4万円程度で売買できます。
(取引する会社や条件等により金額は変わります)

※取引のやり方をよく知らない人に強引に勧誘して損を負わせたなどという報道もありましたので、投資する際にはルールとかその会社のことをよく調べてから始めることをおすすめします。

一瞬にしてUSドルは2~3円程度円高になったそうで、絶好の買い場だったなあ。。

といいつつ、私が投資しようとしていたのはニュージーランドドル。
しかも長期投資を考えていました。
というのも、外国為替証拠金取引では、買った場合にスワップポイントという金利の差額分を受け取れるのです。
たとえば、ニュージーランドドルを買う場合には円を売ってニュージーランドドルを買うことになります。
これは円を借りる→ニュージーランドドルを買う→ニュージーランドドルを貸す、ということです。
そのため、円の金利は支払い、ニュージーランドドルの金利は受け取るということになります。
日本の金利はとっても低いので、基本的にはどの通貨を買ったとしてもスワップポイントを受け取ることができるのです。
ニュージーランドドルは投資金額が少ない割りにスワップポイントが多いのだ。
都合のよい見方をすれば金利ももらえて値上がり益ももらえるということです。
ま、そうそううまくはいかないのですけどね(^^;;;

そんなわけで、一段の円高を期待しているのでした。←あまり熱心ではないのでまた買い場を逃しそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月17日 (日)

台風5号

大型で非常に強い台風5号は、まっすぐに台湾に向かっています。
台湾のテレビニュースでは朝から台風情報をずーっとやっていました。
1996年と2001年の、被害が大きかったときの映像を流して市民に注意を呼びかけています。
そのおかげで(?)野菜や果物が高騰しているとか。
西瓜は2倍、マンゴーは4倍も例年より高くなっているそうです。

そしてついに、日本アジア航空の明日の飛行機は夜間発着以外は欠航が決まりました。
私が出発前に聞いたときには300人のキャンセル待ちがいるということでしたがみなさんどうするのでしょうか。。
いつもだったら「チャンス!」とばかりに嬉々として会社に休暇連絡をしているところですが、今回は17日のうちに帰国。
いろいろと事情があるので今回はしょうがないですが、もっといたかったな。
今日空港に到着する頃にはすでに暴風圏内といった感じで、台風中継のテレビの中にいるような感覚でした。

明日帰国予定だった友人たちが、あまり苦労することなく無事に帰国できますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

月下美人

唐突ですが今日から台湾に行きます。
金曜日のお休み取得のため今週は残業続き。
仕事での外出も続き、帰宅する頃には毎日ふらふらになっていました。
先日帰宅したときに玄関を開けるとあまーい香りとともに大きな白い花がおでむかえ。
月下美人が咲いたのでした。nec_0403.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

菊の御紋サブレ

日帰りバス旅行で皇居に行ってきた両親から菊の御紋サブレをおみやげにもらいました。
宮内庁生協売店なるところで買えるらしい。
東京風月堂が製造元のやさしい甘さでした。nec_0400.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

TECC

今日はTECCを受けてきました。
TECCは「テック」と読みます。
ベネッセが主催している中国語コミュニケーション能力判定テストのことで、英語で言うところのTOEFLみたいな試験です。
過去に2回受けたことがありますが、まともに勉強したのがすでに過去の話となっている私は散々なスコアだったのでした。
それに懲りずに受け続けているのは、細々とでも中国語を続けて行こうというけなげな気持ちがなせる技なのかもしれません。

試験内容はふたつあって、リスニングとリーディング。
リスニングは35分で70問。
どんどん進んでいくので直感が勝負(おいおい)。
答えがわかって「やった!」とか、「なんだったっけ」と再考する余裕もなく続けられます。
リーディングは45分で70問。
最初は穴埋めみたいな感じなのですがだんだん難易度が高くなり(ときどき簡単な問題もありますが)、最後の文章読解の頃には時間が足りなくなってしまうというパターン。
こちらもどんどん解き続けていかないと、最後は質問を読まずにマークシートを埋めることになってしまいます。

今年からは問題が非公開になるらしくて問題も、リスニングのCDももらえませんでした。
ただ、最後の文章読解の問題と回答解説はその場でもらえました。
悩んだものが軒並み間違っててがっくし。
ま、そんなものですね。

きちんと勉強してないので単語とか文法とかがからきしだめなことを認識するために受けてるようなものですが、いつかまじめに勉強する日が来たら、いい点数が取れるようにがんばろうっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

ローストビーフの鎌倉山

母の誕生日のお祝いに鎌倉山でランチ。
住宅街の細い道を恐る恐る進むと駐車場がありました。
車を降りて細い道を進むと、ようやく目指すお店が見えてきました。

nec_0396.jpg
車を降りるとこんな道が。
あじさいがきれいでした。

nec_0395.jpg
各テーブルには見事な蘭で飾りつけ。

nec_0387.jpg
前菜はマグロのお寿司と貝付きのホタテ、ハムとメロン。
あじさいの花と葉っぱできれいな盛り付け。
お寿司のマグロがおいしかったです。

nec_0390.jpg
メインのローストビーフ。
ソースは和風とグレービーソースの2種類。
母は和風、私はグレービーソースを頼みました。
最初は少ないかな、と思いましたが肉汁がすごくて食べ応えありました。
添えてある生姜と一緒にいただくのがポイント。

nec_0392.jpg
デザートは8種類の中から2種類をチョイス。
私は沖縄産マンゴーとイチジクのショートケーキ。
ローストビーフが食べ応えあったので、ショートケーキのクリームがちょっときつかったです。
次回があれば、カクテルとかムースとかにしようっと。

静かな環境で、のんびりランチを楽しみました。
希望すれば、デザートとコーヒーはお庭でいただくこともできます。
母も喜んでくれていたのでよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

銀座で串揚げ

私が入社した頃はいわゆる「ベテラン」と言われる社員がいました。
何かを聞くときちんと正確に答えてくれて、私も早くこんなふうになりたいと思っていた。
あの頃のあの人たちの年令に近づいたのに、果たしてそんな仕事ができているのかな。
今日はそんな社員のひとりだった先輩と銀座で待ち合わせ。
会議が長引いて一時間も遅れたのに穏やかな笑顔で迎えてくれました。

以前よく連れていってもらった串揚げ屋さん「ぎんざ磯むら」で今日は私たちが先輩の一週間遅れのお誕生日をお祝い。
穏やかでお茶目で誠実に仕事をこなす姿を見ていたのが昨日の事のよう。
会うたびに若くなるような気がするなー。
久しぶりに先輩に会って、昔よくしてもらったことをいろいろ思い出したり、変わらない様子がなんともうれしくかったりして、やさしい気持ちになれました。
nec_0386.jpg
銀座の通りには七夕の飾り付けがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

ウナギでスタミナ補給

蒸し暑い日がつづいてそろそろ…と思っていたら後輩がうなぎ企画をたててくれました。
王子で家業を継いでいる会社の先輩の顔を見に行くという名目もありあっという間に10人集まりました。
先輩の親御さんの代で終わりにするつもりだったということで建て直したりしていないおかげでとても雰囲気のあるよい建物。
広くない店内をほぼ貸し切りして先輩の焼いたうなぎをいただきました。
うなぎは捌き3年、焼き一生というらしく、先輩も親方にはまだまだかなわないとのこと。
すっかり職人の仲間入りした先輩が頼もしく見えました。nec_0383.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

株主優待で電子辞書をもらう。

知り合いが株主優待でもらったという電子辞書をくれました。
カシオのエクスワード(XD-J700)というやつです。
nec_0381.jpg

常々中国語対応の電子辞書を買いたいと思っていたのですが、根が貧乏性なのでいただけるものはありがたくいただきます。
辞書は12種類でIT用語とか四時熟語、世界の料理なんてのもあります。
知り合いによるとコーナン商事の株主優待ということでした。
私が持ってる銘柄は株主優待重視といっても金券が多いので現物でもらえるのは新鮮。
これからはこういうのを狙ったポートフォリオを組むのもよいかもしれないなあ。
ちなみにこの電子辞書はネットで調べると定価は16,800円でいまは半額くらいで買えるようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

もらってうれしい配当金。

株主総会や取締役会で配当金の金額が決まると、郵便振替で配当金が送られてきます。
私の投資スタンスは流行のネットトレーダーやデイトレーダーとはほど遠く、配当金・株主優待重視なので無配の銘柄はほとんどありません。
えっへん!(いばれることではないですが)
3月末決算の会社だと大体この時期に配当金が支払われるので、届いた配当金通知で利回りを計算してみました。
中間配当がないと仮定して、今日の終値で評価額を計算してみると・・・1.9%。
うーん、銀行に預けるよりぜんぜんいいぢゃん。
優待券も入れたらかなり利回り高くなるよなあ。
株でもうけてるのかどうかは置いといてるので、あくまでも自己満足の世界なのが悲しい。。
でも、配当金って換金してもいつの間にかなくなっちゃうんだよな。
臨時収入みたいな感覚なのでたぶん飲んで終わっちゃうんでしょう。

だいたい、配当金は受け取るのがめんどう。
郵便振替で来ると、一枚ずつ住所と名前を書いて、ハンコを押さないといけない。
銀行振り込みにすることもできるけど、手続きがめんどくさい。
個人情報保護シールがあるといっても、銀行口座をハガキに書いて届出印まで押しちゃうのってどうかと思うし。
私が利用している証券会社では以前「配当金自動受取サービス」というのを扱っていました。
これは、一度手続きをすると配当金を証券会社の口座に入金してくれるというサービスでとっても便利でした。
でも今はサービスを停止しています(サービス停止のお知らせ)。
私みたいなめんどくさがり屋さんにはぴったりのサービスだったのに。。
早く再開しないかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年7月 3日 (日)

とりかん

とりかん(鳥寛)は、新潟は古津(信越線)にあります。
以前は五泉(磐越西線)にありました。
正確に言うと今もありますが、五泉のマスターだった人が新しく古津にお店を開いたので行ってみることにしたのです。
数日前に新潟の大雨のニュースを見ましたが今日はさわやかないい天気。
車窓の緑が目にやさしく流れていきます。
nec_0376.jpg
上越線で東京方面から向かうと、古津駅の手前右側に鳥寛のお店が見えます。

とりかんに行くとかならず食べるのが「はんみ」。
これは鳥の半身をそのまま唐揚げにしたものです。
nec_0378.jpg

できたての熱いうちだと小さい骨もバリバリ食べられるので本能のままにむしゃぶりつくのがおすすめ。
皮もぱりぱりして肉汁もじゅるじゅる。
今日はとりかんのマスターから開店の連絡をもらったという友人のおかげで、裏メニューの塩焼きのはんみもいただきました。
塩加減が絶妙でうまうま。
とてもブロイラーとは思えないおいしさです。
古津駅からは徒歩15分くらいのところにありますが、とりかんのすぐ近くに駅を作るという話もあるそうです。
「とりかん駅」になるかな。
とりかんの後は温泉に寄る友人達と別れて帰途に着きます。
まさにとりかんランチのためだけに新潟へ来たのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

リンガーハットの株主優待券

私にとっては7月も株主優待券の期限の季節だったりします。
今日はリンガーハットの7月末までの食事ご優待券を利用してきました。
株主優待は、1単元(100株)につき、半年に1度1000円分(500円が2枚)送られてきます。
優待期限は約1年ですが、うかうかしていると期限を迎えてしまうので注意が必要です。

nec_0375.jpg
裏に使用期限が印刷されています。

ちょうど昨日の新聞の折り込み広告でリンガーハットのチラシが来ていたので、そこについていたドリンクバー無料券も一緒に持って行きます。
私は、期間限定の「長崎ちゃんぽんからまろ」を注文。
それほど辛くはありませんでしたが、ごまの香ばしさが食欲をそそる味でした。
一緒に連れて行った母親は一口食べて「辛い」と言ってましたが。
以前食べた期間限定の辛みそ系のちゃんぽんはしょっぱすぎるような気がしましたがこれはそれほどでもなくなかなかおいしかったです。
ちゃんぽんの「売り」である野菜は少な目でした。

リンガーハットは安くて野菜たっぷりなので、家族連れのお客さんが多いです。
店内は私が知ってる限りはちょっと狭めのところが多いので、今日見かけたような車椅子で来店するようなお客さんは少し苦労するかもしれません。

お会計のときに株主優待を出したら「いつもありがとうございます」と言われました。
なんかうれしい。
ちなみに、優待券は1000円分ですが、お会計からは消費税も含めた1050円引いてくれます。
いつも忘れて「あれれ」と思ってしまうので、おつりをもらうときになんか得した気分。

リンガーハットでは「株主モニター制度」というのを実施していて、総会の後送られてくるアンケートに答えてモニターに選ばれると、新商品が出たときにさらにお食事券がもらえます。
もちろんそこでもアンケートに答える必要はありますけど、なかなかお得な制度だと思います。
私も何度かアンケートに答えているのですが選ばれたことはありません。
今回も送ったので選ばれるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

システム障害

毎日最寄りの駅までバスを利用しています。
私が乗るバス停は始発。
いつの頃からか運転席に置かれた電波時計のおかげで秒単位に時間どおり超正確に出発します。
先日いつものようにバス停に行ったのですがバスが全然来ない。
始発なのでたいてい数分前には到着してるのに。
やっと着たバスは10分くらい遅れて出発。
乗客のみんなはちょっとイライラ。
翌日、バス停にお知らせが括り付けられていました。
なんでも、ある交差点の信号機システムのトラブルで大渋滞になったため遅れたとか。
そういえば道もやけに混んでいました。
私がバスに乗る時間はいつもはほとんど混まないので「めずらしいなあ」と思っていたのです。
システムにトラブルはつきものなのは身に染みてわかっているつもりなのですが、ある交差点の信号機だけトラブルっていうのがなんか不思議。
それにひとつが狂うだけであれだけ渋滞するとは。
いったいどんな仕組みになってるんだろ。
それにしても我ながらイヤなタイトルだ。。nec_0369.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »