« 台風5号 | トップページ | 地震で東海道線が止まる。 »

2005年7月22日 (金)

人民元の切り上げ

7月21日に、人民元の切り上げが行われました。
2%の切り上げということでそれほど影響がない、とかもっと切り上げろ、というのが巷での見解ですが、私としては通貨制度が変わったことと、小幅で何度か行う(だろう)というのは現実的で評価できると思っています。
なーんていうのはさておき、今回は会社の人と飲んでいる間にこのニュースがあったのですっかり乗り遅れました。
なにに乗り遅れたのかというと外国為替証拠金取引(※)。
これは、小額の証拠金で外貨の売買を行えるという取引です。
たとえば、USドル1万ドルであれば4万円程度で売買できます。
(取引する会社や条件等により金額は変わります)

※取引のやり方をよく知らない人に強引に勧誘して損を負わせたなどという報道もありましたので、投資する際にはルールとかその会社のことをよく調べてから始めることをおすすめします。

一瞬にしてUSドルは2~3円程度円高になったそうで、絶好の買い場だったなあ。。

といいつつ、私が投資しようとしていたのはニュージーランドドル。
しかも長期投資を考えていました。
というのも、外国為替証拠金取引では、買った場合にスワップポイントという金利の差額分を受け取れるのです。
たとえば、ニュージーランドドルを買う場合には円を売ってニュージーランドドルを買うことになります。
これは円を借りる→ニュージーランドドルを買う→ニュージーランドドルを貸す、ということです。
そのため、円の金利は支払い、ニュージーランドドルの金利は受け取るということになります。
日本の金利はとっても低いので、基本的にはどの通貨を買ったとしてもスワップポイントを受け取ることができるのです。
ニュージーランドドルは投資金額が少ない割りにスワップポイントが多いのだ。
都合のよい見方をすれば金利ももらえて値上がり益ももらえるということです。
ま、そうそううまくはいかないのですけどね(^^;;;

そんなわけで、一段の円高を期待しているのでした。←あまり熱心ではないのでまた買い場を逃しそうですが。

|

« 台風5号 | トップページ | 地震で東海道線が止まる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人民元の切り上げ:

« 台風5号 | トップページ | 地震で東海道線が止まる。 »