« 大船エキナカ・大船軒 | トップページ | 山陰から山陽をゆく »

2006年2月 9日 (木)

山陰をゆく

機材の調整のため50分フライトが遅延したり、雪による事故で山陽自動車道が閉鎖されたり、波乱含みの旅の始まりでしたが、それでも列車は時間どおり動くのでした。
改めて鉄道の偉大さを実感。(←少し遅れても文句言うくせに)
というわけでANAの株主優待と未乗区間の消化を兼ねて久しぶりに旅にでています。
山陰本線から見る日本海はとても間近で迫力がありますね。
夕焼けもきれいでした。
浜田〜益田 キハ126―1002
益田〜長門市 キハ47―151
長門市〜下関 キハ47―2016
浜田から幡生まで未乗でした。

PICT3930

広島から浜田までバスで移動。
山の中は雪深かったです。

|

« 大船エキナカ・大船軒 | トップページ | 山陰から山陽をゆく »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陰をゆく:

« 大船エキナカ・大船軒 | トップページ | 山陰から山陽をゆく »