« 広州日記:2006年3月9日 | トップページ | 時のたつのは早いもので »

2006年3月10日 (金)

広州から海南島へ

広州から中国のハワイといわれる海南島へ向かう日ですが、久しぶりに四川料理を食べたからか、旅の疲れからか昨晩からおなかを壊してしまいました。
どれくらいひどいかというと宿のトイレットペーパーを使い切るくらい。(食事中の方すみません)

それでもどうにか持ち直して、お昼に花園酒店の2階で「皮蛋痩肉粥」を食べて空港に向かいます。
ここの「皮蛋痩肉粥」は絶品で、しかも安い(18元)なのでよく食べに行ってましたがやっぱりおいしい。
でもマンゴープリンはちょっと変わっていて以前のほうが好きだったなー。

広州の新白雲空港の到着口で友人を無事にお出迎えして、フライトがいくつかキャンセルになったらしくほぼ満員の乗客を乗せ、私たちの乗った中国東方航空(CZ)の3333便はいよいよ海南島の三亜へ。
フライトは1時間程度。
海南島はベトナムに程近い場所にあります。
三亜は海南島でも一番南にあり、雨も少なく年平均気温も25℃程度、最高でも35℃程度ということでめちゃめちゃ暑くなることもなく、リゾートでのんびり過ごすにはちょうどよい気候です。
海南島は広東省から独立して海南省となり、経済特区に指定されたり大規模リゾートとして開発されたりと変わりつつあるようです。

それはともかく、町中のホテルに到着したのが19時半過ぎで、さっそくご飯を食べに町へ・・・と思いましたが時間も遅かったし探すのも面倒だったのでホテルの1階にあるレストランに決めてしまいました。
でもこれが当たり。
お料理は広東料理を食べやすくさっぱりさせたような感じで、海南ビールによく合うこと。

PICT4229

海南ビール。ラベルも南国風でおしゃれ。


PICT4242

こちらの名物の文昌鶏。地爪叶という青菜の炒め物もおいしかった。
明日はちょっと観光して亜龍湾にあるシェラトンホテルに向かいます。
おなかがちょっと心配なので、早めに休んで明日に備えます。

|

« 広州日記:2006年3月9日 | トップページ | 時のたつのは早いもので »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56480/9090539

この記事へのトラックバック一覧です: 広州から海南島へ:

« 広州日記:2006年3月9日 | トップページ | 時のたつのは早いもので »