2005年12月25日 (日)

大岡山の「正ちゃん」。

ニフティのパソコン通信のお酒のフォーラム(FSAKE)の時代、といって何人の人が知っているのかわかりませんが、それが縁で連れてきてもらったのでもう10年来のお付き合い。
なにかあると足が向くお店・・・それが大岡山にある居酒屋「正ちゃん」。

ここの「つくね」は絶品。お肉が食べられない私の友人も食べられる。
お刺身もいい物を仕入れているのでいつでも安心して食べられる。
お米1合で豪快に握ってくれるおにぎりもおいしい。

それになによりお酒がいいんだわ。
ここで初めて飲んで、大好きになった日本酒がたくさんある。
プレイクする前の「十四代」も浴びるほど飲んだ。
ここ数年は「翠露」や酒未来というお米で造った「くどき上手」がお気に入り。
挙げればキリがないくらいだし、リクエストして入れてもらったお酒もあった。
大将はそれほどお酒が強いわけではないのだけどお客の好みをよく知ってくれている。
最近は私も弱くなったので1~2合くらいが限度だけど、状態がいい日本酒を安心して飲めるとっておきのお店だったのだ。

それなのに、土曜日に飲み仲間から「年内に閉店」のメールがいきなり飛び込んできた。
慌てて大将にメールで事実確認と日曜日に行く予約。
月曜から仕事が大変なのはわかっていたけど、行ける時に行きたかったのだ。

大将は淡々と仕事をしていました。
いろいろと事情も聞いたけど、いいお店がなくなるのは本当にさみしい。
これからふらりと立ち寄れる、こんなお店をまた探さないといけないんだなあ。

ここ数年、納会の後は会社の友人とふたりで忘年会は「正ちゃん」と決めているので、また行けるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

梅酒が好き

先日浅草橋の「玉椿」で、初めて芋焼酎で漬けた梅酒(小鹿酒造)をいただきました。
甘い香りと濃厚な味がたまらなくとてもおいしかった。

ちなみに我が家でも毎年梅酒を漬けています。
普通(?)の焼酎を使ってますが、自家製のよさで甘さや漬ける期間を調節できるのでおいしく飲んでます。

他にも、友人が持ってきてくれた自家製梅酒でおいしかったのが「ラム酒」と「ブランデー」で漬けた梅酒。
洋酒はあまり飲まない私ですが、この意外な組み合わせは案外おいしくてびっくりしました。

あと、数年前に大阪の飲み屋さんで飲んだ私が生まれた年に漬けた梅酒。
んもうこれが味といい色といい、濃厚で濃厚で。
日本酒の古酒に凝っていた頃に飲んだのですが、梅酒の古酒っていうのもなかなかいいもんだなあと思いました。

この梅酒は
「私が結婚したらお祝いに相手と飲むから!」
と無理を言ってほんの少し残っているのを譲ってもらいましたが。。。いつになることやら。
飲む前に蒸発してなくなってしまうかも、という一抹の不安も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)